オーダーカーテンのアプラ 店舗ブログ

イギリスのカーテン

2019.10.08(Tue)

東京ショールーム

イギリスのカーテン

皆様こんにちは。

大型の台風19号が週末にまた関東方面に接近する見込みだそうですね💦

今年1番の猛烈な台風とのことで、心配しております…😟

どうか前回のような災害が起きないことを祈っています。

 

他にも13(日)はラグビーの日本対スコットランド戦が行われる予定ですが、

台風で試合が出来ない場合は引き分けになるそうですね。

せっかくの激闘を見たいような、勝ち点がもらえるのでいいような…

 

さて、スコットランドと言えばタータンチェックやバグパイプなどが有名ですね。

しかし、1740年のカローデンの戦いというイングランドへの最大の抵抗運動を機に、

スコットランド独自の文化は禁止され、長い間封印されてきました。

20世紀半ばに入り、スコットランド近海に「北海油田」という油田が発見されてから、

経済力と発言力を強め、スコットランド独自の文化も再度日の目を見ることができるようになりました。

 

話がだいぶ逸れましたが、今日の本題イギリスのカーテンをご紹介致します。

こちらは生粋のロンドン生まれのウィリアム・モリスというデザイナーのカーテンなので、

スコットランドではなくイングランドですが、イギリス括りということで…(;^_^

有名な「苺泥棒」や「ウィロー」など様々な生地をお取扱いしておりますので、

ぜひ美しいモリスのカーテンをご覧になって見て下さい👀

皆様のご来店心寄りお待ち申し上げております。

 

 

カーテンショップ アプラでは、こんなご相談をよくいただきます

お見積・採寸は無料で行っておりますので、まずはお近くの店舗へお気軽にご相談ください

  • 引越しやリフォームでカーテンレールの取り付けから相談したい
  • カーテンやスクリーンの相談や見積を無料でしたい
  • 大きな生地での現物見本を見て選びたい
新松戸本店