アプラが手掛けたオーダーカーテン施工事例のご案内

千葉県八千代市 内科診療所

千葉県八千代市 内科診療所
物件 千葉県八千代市 内科診療所
テーマ ドア、間仕切りに使用する医療用カーテン
スタイル 医療施設向け、メッシュカーテンで間仕切り

新しく開業される診療所さんのカーテンです。
診療所や病院、医療施設ではカーテンが空間の間仕切りになっていることが多いです。
一般のカーテンと違い、医療施設ではドアや壁の代わりにカーテンを使用することが多く、その機能も取り付け方も特徴があります。

カーテンレールは天井下げて、カーブや直線をつくりながらベッドなどの位置をレイアウトします。
カーテンの機能性も特徴的。上部にはメッシュの部分があり、スプリンクラーの放水活動を妨げず、生地の性能も「防炎」「制菌」「防汚」「静電防止」などの機能が選べます。

タッセルはまとめやすいようにマジックテープで張り付け可能にします。

meshu

上部がメッシュになっているカーテン

診察入口 通路 部屋入口1 部屋入口2

扉がなくてもカーテンの仕切りがあると、医師や勤務される方と患者さんの通行の障害になりにくく、スペースを見た目で区切りやすい状態です。

診察1 診察2 診察3

ここにベッドが来て、外側の待合スペース・診察スペース・ベッドの3シーンに分かれます。縦横カーブとカーテンで空間を区切ります。

自動ドア目隠し

医院入口の自動ドア部分は、診療が終わった後にさっと目隠しができるように、ロールスクリーンで目隠しします。

受付

当店では、病院・診療所など医療施設向けのカーテン間仕切り工事やメンテナンスも数多く行っております。

カーテンショップ アプラでは、こんなご相談をよくいただきます

お見積・採寸は無料で行っておりますので、まずはお近くの店舗へお気軽にご相談ください

  • 引越しやリフォームでカーテンレールの取り付けから相談したい
  • カーテンやスクリーンの相談や見積を無料でしたい
  • 大きな生地での現物見本を見て選びたい
新松戸本店
アリオ亀有店